上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.10 CD機とコジワ
銀行の前を通りかかったら、外にあるキャッシュディスペンサーの前で、カードを持ったじいちゃん(ニコニコと人が良さそうな爺ちゃん)が「やり方を教えてくれ」みたいなことを、じいちゃんの前に並んでお金を下ろし終えたおっちゃんに聞いてました。(じいちゃんはオランダ語は話せないらしい)
おっちゃんは「だめだめ、それは自分でやらなきゃだめだよ」みたいなことを言いながら行ってしまいました。
それでもじいちゃんはまた通りかかった兄ちゃんにカードを見せながら「やり方を教えてくれ」みたいなことを言ってます。
そこまで見て私は角を曲がらなくてはいけなく、じいちゃんの事の成り行きを最後まで見届けられませんでしたが、じいちゃん、あのあと無事にお金を下ろす事は出来たのでしょうか・・・。
っていうかじいちゃんさー、そこに銀行があるんだから中に入って銀行員に聞けばいいのになー。目に入ってなかったのかなー。いや、CD機よりもはっきり入り口が見えてるし。
だったら私が教えてあげなさい!ってね。(でもじいちゃん、私に声かけてくれなかったし・・・こっちは歩いてるんで、すでにどんどん離れてたし・・・)
それにしても、初めに声をかけたおっちゃん、ちょっと教えてあげてもいいのでは?とは思ったけど、キャッシュカードを他人にやってもらっちゃいけないよと、ちゃんとじいちゃんに教えてあげるあたりいい奴だったんだろうか。(じいちゃんには通じてない様子だったけど・・・)
私もやり方を忘れないようにしないとな。


さて、今日はイヴォンヌのクラスでは担任の誕生日パーティーだったそうで、3月に誕生日だったもう一人の担任の分も合わせての、飲めや歌えや踊れや食えやで、一日楽しんできました。
担任2人は同い年らしいんですけど、
『シルビア先生は21歳って言ってるし、アストリッド先生は39歳とか言っててね、これはシルビア先生が嘘ついてるんだよ』とイヴォンヌ。
「えーわかんないじゃん、本当に21歳かもよー?」
『絶対違うね。21歳だったらコジワがあるわけないじゃーん』

・・・そうですか、先生達にはコジワがありましたか。
ま、21歳にはコジワはあるわけないと言い切るイヴォンヌの根拠は何なのかはわかりませんが・・・。

子供たちからもプレゼントをたくさんもらったらしいですが(何故かシャンプーが多かったとか・・・ボディーシャンプーか・・・?なんでだ?くさい?
イヴォンヌからのプレゼントは、彼女の”熊コレクション”から選ばれたミニ熊。
熊ボックスの底の方でホコリを被っていたのが救出されました。
そのままだとあまりにも・・・なので、せめて見てくれだけでも良くしようと心優しい母はプレゼント袋を作ってあげましたー。可愛過ぎっ!
cadeau.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happyhournl.blog38.fc2.com/tb.php/108-84fbb653
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。