上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れないうちに書かないと~と思いながら、もう一ヶ月も経っちゃいましたが、いまさらシチリア編。
ま、食べて昼寝して泳いで・・・の繰り返しで、語るほどでもないのですが☆
おばばさまがいらっしゃる前に、ほんのひと時でもパラダイス気分♪を味わおうと、イヴォンヌと女二人旅。
10年振りにネットのおかげで再会したお友達に会いに行ったのですが、彼女は舞踏家。
10年以上前、オランダを基盤にして、その頃はまだまだバイトしながら舞台に立って、というような生活だったのに、今ではパレルモにAccademia Internazionale di Butoh(国際舞踏アカデミー)を開校したり、Associazione Siciliana Danzaで教えたり、ヨーロッパ各地へもゲスト講師として呼ばれたり、もともと小さい時からバレエをやっていたそうだけど、数年前には上海で太極拳のコースを取ってきて、教えたりもしているそう。
シチリアには6年ほど前に移ったらしいけど、その頃オランダで知り合った今のご主人の出身地がシチリアで、彼が戻る時に一緒に移って去年めでたくご結婚、そして8月には長女誕生予定♪(もう産まれた頃かな~)
『オランダにいた頃はあんなに苦労してたのにねぇ~』なんて、笑い話に出来るほど、今では公私共に満ち足りた生活をしている彼女ですが、面倒見の良さは昔と変わらず、私とイヴォンヌのために重たいお腹をさすりながらお世話してくれました。(私がお世話しなさい!って感じよね・・・えへ)

ご主人も、気のいいおっちゃん(失礼!私より若いって!)かと思ってたら、CDを何枚も出しているクラッシックギターリストさんでした。
10才の時に聴いたセゴビアに感動してギターを始めたらしいんだけど、厳しい教えに泣き言も言わず、毎週自宅からギターの先生のところまで一人で電車に乗って通い、パレルモの音楽院を最優秀で卒業、その後アムスの音楽院では創設以来の最高の成績で卒業。今はヨーロッパやカナダ、日本でも活動しているらしいけど、古典音楽だけでなく現代音楽も得意だそうで、何年か前に出した“Le corde di Sicilo”というCDは『アジアで発見された石碑に“Sicilo(シチリア人)"が歌った歌が残されていた』とかで、これを元に14人の作曲家が、彼の為に曲を提供して制作されたとか。
ここで少し視聴できます→Le corde di Sicilo
そしてギターだけじゃなく、古典ラテンやギリシャ語の学位を持っているとか・・・。ふぁ~どこまで凄い人なんだ!

今でも『ギターを弾いている時が一番癒されるんだ』だそうです。
お昼寝をむさぼっていた私も、遠くの方で彼が弾くギターの音色が聴こえてきて癒されました♪
「イライラしててもギターを弾いていると精神安定にもなるそうよ。ずーっと聴かされる私はイライラするけどね♪」と奥様。
あはは、でもギターよりも彼女が大切にされているのは見ていてよーくわかったけどね。赤ちゃんが産まれたら、いいとーさんになりそう。
あぁ、産まれたかな~。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happyhournl.blog38.fc2.com/tb.php/272-49734dd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。